なぜ一部の牛は角を持っていないのですか?

1 分


0

短い答え:牛の大半は角を持って自然に生まれます。 彼らの群れの日々の行動を容易にし、怪我を避けるために、牧草地は遺伝子操作によって角なしで牛を脱皮または飼育する練習をします。 そういうわけで、あなたはいくつかの角のない牛に出くわすことができます。

動物の牽引目的のためにフランスでホーンヨークの使用が一般的であった時代以来、1950年から1960年の間に田舎にトラクターが大量に到着したことで、このツールは時代遅れになりました。

1898年、農場のフランスの農家、彼の唇にタバコは、彼のチームの牛の角の一つで保持 – 信用collections.musee-bretagne.fr

1970年代から1980年代にかけて、新しいフリー屋台(牛が閉じ込められている閉鎖された公園)とコルナディス(牛の頭がトラフにアクセスするために通過する障壁)が動物の動きを複雑にし、事故のリスクが頻繁に発生しました: ジョストリング、灼熱を含む怪我。 今日でも、冬の牛、子牛、または干し草の分布の取り扱いは、動物だけでなく、それらを扱うブリーダーにとって危険なままです。

スイスにおける角牛コルナディスの例 牛/雄牛の間のホーンの吹き込みを避けるために幅90cmの給餌エリア – クレジットprotection-animaux.com

デホーニング

恐ろしいように見えるかもしれませんが、これらの事故を制限するためには、デホーニングの練習が不可欠になりました。 1970年代と1980年代に使用された最初の技術は、鋼線によるホーンの断面でした。 切断時に角を刺激する血管は硬化し、前頭の正頸部は緩衝液によって保護される。

今日、この慣行は牛で監督され、広く実践されていますが、批判に劣らずです。 フランスでは、麻酔なしのデホーニング(非常に若い子牛のための「エバット」)は、子牛の人生の第4週まで許可され、フランスの規制は、ヨーロッパ評議会と同じように、ブリーダーに何も課しません。 リムジンでは、繁殖地の卓越性は、(摂氏600度までの温度で)鉄燃焼によって行われます。 麻酔効果が消失し、頭蓋骨の形が変化した後、ふくらはぎは痛みを感じるだろう(より高く、より膨らんだ前頭骨)。 それは牛のためのブリーダーと外傷性のためのストレスの多いプロセスです。

角のない牛の繁殖

実際には、ホーンレス繁殖は、角を持つ牛との吸収十字架を通して角のない牛の品種に存在する天然遺伝子を導入することを含む。 世界にはいくつかの牛がありますが、遺伝子繁殖の対象に最も戻ってくる角のない牛の品種は、スコットランドのアバディーンシャーとアンガスの郡に自生し、16世紀に角のない黒支配的な品種の交配から来たアンガスです。

ノルマンディーで遭遇した角のない牛

多くの大規模な牛肉生産国は、長い間、遺伝子操作を支持して脱ホーンの慣行を減らしてきました。 この地域で遅れているフランスを除いて、異なる繁殖条件と品種の概念の厳格な概念によるものです。 一方、アングロサクソン人は、大きな制約なしに、吸収は純粋な商業的日和見主義から交差し、その結果生じる形態学的変化を心配していない。 これは滞りがないわけではありません:2019年8月、有名な米国連邦機関FDA(「食品医薬品局」)の科学者は、牛が「角なし」が細菌遺伝子によって汚染されていることを発見しました。

汚染された角のない牛の汚染のスキャンダルの起源で会社「再結合」によって吸収クロスのビデオプレゼンテーション。

ソース:


Like it? Share with your friends!

0

What's Your Reaction?

J'adore J'adore
0
J'adore
Je déteste Je déteste
0
Je déteste
C'est marrant C'est marrant
0
C'est marrant
Ca m'énerve Ca m'énerve
0
Ca m'énerve
C'est triste C'est triste
0
C'est triste
#Geeky #Geeky
0
#Geeky
#Fakenews #Fakenews
0
#Fakenews
Ca fait peur Ca fait peur
0
Ca fait peur
J'ai appris quelque chose J'ai appris quelque chose
0
J'ai appris quelque chose
Rien compris Rien compris
0
Rien compris
gino

Je m’appelle Gino, jeune trentenaire et vieux blogueur ! Touche à tout du web, consultant SEO mais surtout passionné de Culture avec un grand "C" : tout ce qui m'entoure ne doit pas être ignoré, je suis un vrai boulimique culturel. S'il fallait me décrire en 2 mots et demi, je dirais "passeur de savoir"...en toute modestie ! Merci de me suivre sur le chemin de la connaissance, vous verrez, c'est un puits sans fond :)

1件のコメント

Your email address will not be published.