抗生物質:何に使うの?

1930年代に発見されて以来、抗生物質は現代医学に革命をもたらした。この治療法の本当の目的は何か、なぜ今危機に瀕しているのかを知ることです。 1 分


0

抗生物質(ギリシャ語のanti: 対抗、bios: 生命)は、合成品や菌類から発見された微生物から開発された、細菌を防御するための分子である。1930年代に発見されて以来、抗生物質は細菌感染による死亡率を大幅に低下させ、現代医学に革命をもたらした。

ちょっとした歴史

ペニシリンは人を治すが、良いワインは人を幸せにする。

アレクサンダー・フレミング

このユーモラスな言葉の作者であるアレクサンダー・フレミングは、世界初の抗生物質であるペニシリンを発見した人物である。1928年、彼はペニシリウムという真菌の「抗生物」作用を発見し、その菌が偶然にも彼の細菌培養の一つを破壊してしまった。この画期的な発見が、第二次世界大戦中に大量に使用されたペニシリンの開発につながっていった。

アレクサンダー・フレミング、1943年、ロンドンのセント・メアリー病院の研究室で撮影された。 – 出典:帝国戦争博物館

アレキサンダー・フレミングは、発見した本人ではない。ペニシリンが誕生する32年前、フランスの医師アーネスト・デュシェヌは、すでにある種のカビが細菌の増殖を中和することに着目していた。残念ながら、彼はこの発見の医学的価値を理解せず、また宣伝もしなかった。

1940年には死因のトップであった細菌性疾患は、現在では世界の死因の数パーセントに過ぎない(ただし、後述するように確実なものはない)。

細菌感染に対するバリア

バクテリオスタットVSバクテリサイド

抗生物質の中には、静菌性、つまり細菌の成長や繁殖を阻害するものがあると言われています。静菌効果を決定するのは、in vitroで細菌株の増殖を抑制するのに必要な最小濃度である。静菌性抗生物質の弟は殺菌剤と呼ばれ、細菌(理想的には感染症の原因となる病原性細菌)を殺すことができるのです。抗生物質は、投与量によって殺菌作用と静菌作用があることに注意する必要があります。

スペクトルの問題

2種類の抗生物質が共存していますが、第1タイプか第2タイプかによって、その目的は微妙に異なっています。まず、いわゆる広域抗生物質について紹介すると、その名の通り、さまざまな細菌を駆除するためのものである。欠点は、これらの治療法は病原性細菌(これは良いことです)を殺すだけでなく、衝突によって、私たちの体に「有益」な細菌も殺してしまうことです。その結果、治療中に一時的に消化管内細菌叢のバランスが崩れ、吐き気、嘔吐、下痢などのやや恥ずかしい問題が発生します。

アモキシシリンは広く使われている広域抗生物質 – credit pharma-gdd.com

2つ目のタイプは「ナロースペクトラム」です。これらは、小型の兄弟と同様に細菌を破壊しますが、今度は限られたグループや種類の細菌を破壊します。フランス保健衛生局によると、感染症の原因菌がはっきりしている場合は、できるだけスペクトルの狭い抗生物質を使う方が、効果が高く、体にとって有益な細菌を殺す危険も少ないので望ましいとされています。ただし、排除すべき「悪玉菌」に狙いを定めて、見逃さないことが重要です。そこで、WHOの生物学的標準化専門委員会(Technical Report No.610, 1977)の勧告に従って、感染症治療に有効な抗生物質を定義する実験手法、アンチバイオグラムが導入された。

Teicoplaninは、狭いスペクトルの抗生物質です。病院でのみ使用され、主に皮膚、泌尿器、呼吸器の感染症や敗血症に使用されます。 – クレジット pharnet-dz.com

ウイルス感染症は?

はっきり言って、抗生物質はウイルス感染には効果がない。さらに悪いことに、これらの治療法に対する耐性菌の発生を促進する可能性もあります。しかし、外から見ると、ウイルス感染症(インフルエンザ、風邪など)と細菌感染症(肺炎、膀胱炎など)にかかった患者さんは、同じ症状を示す(ことが多い)のです。しかし、治療法は違うはずです。

ウイルスに感染した場合、一般的には1~2週間で薬を飲まなくても治ると知っておくとよいでしょう。通常、免疫システムがウイルスを撃退し、痛みや発熱を抑えるためにパラセタモールが最初に選択されることが多いようです。もちろん、症状が長引いたり、悪化したりした場合には、医師に相談することを強くお勧めします。

使いすぎと耐性菌

「抗生物質の有効性は、私たちの健康を支える柱の一つです。

福田敬二氏
,WHO事務局長補佐,
2014年4月30

2018年3月に米国科学アカデミー紀要(PNAS)に発表された研究によると、世界の抗生物質消費量は2000年から2015年の15年間で65%増加したそうです。インドでは倍増、中国では79%増、パキスタンでは65%増となっています。抗生物質の処方は当たり前の行為となり、街の医師はウイルス感染症を治すための治療薬を処方する権限を得た。抗生物質保存特別作業部会(フランス保健省)によると、現在、抗生物質処方の30〜40%が不必要であるという。

この数字の裏には、現在の抗生物質の有効性についての真の疑問があるのです。フランス保健省が委託した同ワーキンググループによると、この20年間、新しい作用機序の抗生物質は開発されていないそうです。抗生物質の過剰処方、世界的な需要の増加、今日の抗生物質における老化した分子の使用は、病原性細菌の耐性を高め、特定の感染症の治療を困難にしています。

抗生物質の過剰な使用は、病原性細菌の耐性を生み出す – © Jacques Azam (1jour1actu.com)

この問題は、世界保健機関(WHO)が2017年に「抗生物質耐性は世界の健康に対する最も深刻な脅威の一つ」と宣言するなど、非常に深刻に受け止められています。残念ながら、国際社会が抗生物質耐性の問題に取り組まなければ、2050年までに1000万人の命が 危険にさらされると言われています。

アメリカやイギリスでは、抗生物質の効果を維持するための本格的な手段を探すためのシンクタンクが設立されている。また、いくつかの政府によって、抗生物質の処方を減らすための大規模な啓発キャンペーンが開始されています。フランスでは、2002年と2007年に2つの啓発キャンペーンがあらゆるメディアで放送され、「抗生物質は自動ではない」「抗生物質は使い方を間違えると効かなくなる」というオリジナルのスローガンが、今でもフランス人の頭の中に響いている。前者はフランスで抗生物質の消費量を15%削減することにつながりました。

フランスの健康保険では、耐性菌の出現に対抗するためには、感染予防と抗生物質の上手な使い分けという2つの対策を尊重しなければならないとしている。これは常識ですが、普遍的なことでなければなりません。

抗生物質は、同じレベルの効果を維持するために、もっと上手に使わなければならない – © Jacques Azam (1jour1actu.com)

情報源:

  • solidarites-sante.gouv.fr (抗生物質は命を救う)
  • https://www.futura-sciences.com/sante/definitions/medecine-antibiotique-2992/
  • solidarites-sante.gouv.fr (抗生物質保存のための特別作業部会提案書)
  • pnas.org(2000年から2015年までの抗生物質消費量の世界的な増加と地理的な収束)
  • nhs.uk(抗生物質 – 概要)
  • medicalnewstoday.com(抗生物質について知っておきたいこと)
  • pasteur.fr(抗生物質:バクテリアが反撃するとき)
  • cdc.gov(抗生物質使用に関する質問と回答)
  • who.int(抗生物質耐性)

Like it? Share with your friends!

0

What's Your Reaction?

J'adore J'adore
0
J'adore
Je déteste Je déteste
0
Je déteste
C'est marrant C'est marrant
0
C'est marrant
Ca m'énerve Ca m'énerve
0
Ca m'énerve
C'est triste C'est triste
0
C'est triste
#Geeky #Geeky
0
#Geeky
#Fakenews #Fakenews
0
#Fakenews
Ca fait peur Ca fait peur
0
Ca fait peur
J'ai appris quelque chose J'ai appris quelque chose
0
J'ai appris quelque chose
Rien compris Rien compris
0
Rien compris
gino

Je m’appelle Gino, jeune trentenaire et vieux blogueur ! Touche à tout du web, consultant SEO mais surtout passionné de Culture avec un grand "C" : tout ce qui m'entoure ne doit pas être ignoré, je suis un vrai boulimique culturel. S'il fallait me décrire en 2 mots et demi, je dirais "passeur de savoir"...en toute modestie ! Merci de me suivre sur le chemin de la connaissance, vous verrez, c'est un puits sans fond :)

1件のコメント

Your email address will not be published.