最も有毒な真菌は何ですか?

1 分


0
著作権zamnesia.fr

あなたを失望させる危険にさらされて、完璧な真菌学者(真菌を研究する人)が一見して別の有毒または致命的な食用真菌を認識するための生存ガイドはありません。 ルールをそらす例外があるので、食べられない真菌を特定するための一般的なアドバイスを与えるのは危険です。 味付けされたキノコピッカーは、食用種を十分に理解するためには、その食べられないいとこ:)を知っている必要があることを教えてくれます。

フランスでは、主に食べられないキノコの摂取により、年間平均1,000件の中毒があります。 これは、国で年間消費キノコの数に比べてほとんどありません (1.5 一人当たり成長キノコのキログラム). 一方、誰も消化不良、パージ、予期せぬ嘔吐の悪い思い出を保ちたくないですよね。

以下、私は残念ながら、私たちは森や木の端に非常に頻繁に見つける最も危険なキノコのTOP 3を提示します。 ノートブックの準備をしましょう!

死の聖杯(ファロイド・アママイト)

ファロイド・アマニテス©H.クリスプ(ウィキメディア・コモンズ)

世界の深刻な中毒の90以上を担当し、この真菌は最も危険であると考えられています。 それは主に森林に見られる、オークの隣に成長することを好む(例外に注意してください)。 白い刃に滑らかなつばの帽子をかぶって、それはそれぞれその中心および基盤に膜リングおよびvolveを有する。 アママイトはオリーブイエローからオリーブブラウンまでさまざまです。 その茶色はボレットと同じ色の食用キノコと混同することができます。 その毒性は手ごわいです, 肝臓や腎臓を損傷し、原因 10 病気の人々 の死.

死の天使(アマニタ・ヴィローザ)

アマニタ・ヴィローザ©ベン・デ・ロイ、ウィキメディア・コモンズ

ファロイドアマントよりもはるかに知られていない、真菌のこの種は広く普及し、高温多湿の天候の下で、夏の嵐の後に表示されます。 すべての有毒な真菌と同様に、アマニタビローザは、乾燥した天候でアマニタビローザとして白く見え、アニス臭を放つ食用種であるアニスウッドアガリックと混同することができます。 死の天使は、単一の中型キノコが人間の死につながる可能性があるため、よく命名されています。

フライ殺しアママイト(アマニタ・ムスカリア)

アマニタ・ムスカリア 3 段階 のキノコ成熟© オンダーウィスゲク、ウィキメディア・コモンズ

彼の帽子(白い染まった赤)にその顕著な色の反対のために、フライキリングアマントは漫画のストリップで最も表現された真菌となっています。 偶然であろうとなかると、ティンティンの最も有名なアルバムの一つ、神秘的な星の表紙の大きなキノコは、白い赤い染色された帽子を持つ逆フライキラーアマンテの一種です。

ティンティンのアルバム「神秘的な星」のカバー初演©tintin.com

この真菌の毒性を引き起す元素は、むしゃくしゃです。 それは幻覚特性を有し、薬物とあまり似ていない。 フライ殺傷アマニア炎は致命的ではありませんが、飲酒の結果は一部の人々に有害である可能性があります:不摂生、うつ病、幻覚に近い状態.

「フライキラー」という名前はどこから来たのですか? フライを殺すアママイトは、発音すると耳を引き付けます。 その名前は、ハエに与えられた刻んだキノコからの準備から生じる強力な殺虫剤の力から来ています。

薬剤師または生理学協会:アドバイスを得る方法

森での収穫に成功した後、あなたが拾ったキノコについて疑問がある場合は、あなたの薬剤師に行くことを躊躇しないでください。 これらの開業医は、彼らの研究中に菌学の訓練を受け、その地域の主な食べられないキノコ種を認識します。 一方、フランスには35,000種類以上のキノコがあるので、医療従事者にとっても疑いの余地があります。 また、フランスの薬局の学生に教えられる時間数は、長年にわたって減少する傾向があり、将来的には本当の公衆衛生上の問題になる可能性があります。

もう一つの解決策は、自発的に、真菌を認識し、その消費に関連する中毒の結果を説明するために会議を開催するあなたの地域の菌学協会に近づくです。

ソース:


Like it? Share with your friends!

0

What's Your Reaction?

J'adore J'adore
0
J'adore
Je déteste Je déteste
0
Je déteste
C'est marrant C'est marrant
0
C'est marrant
Ca m'énerve Ca m'énerve
0
Ca m'énerve
C'est triste C'est triste
0
C'est triste
#Geeky #Geeky
0
#Geeky
#Fakenews #Fakenews
0
#Fakenews
Ca fait peur Ca fait peur
0
Ca fait peur
J'ai appris quelque chose J'ai appris quelque chose
0
J'ai appris quelque chose
Rien compris Rien compris
0
Rien compris
gino

Je m’appelle Gino, jeune trentenaire et vieux blogueur ! Touche à tout du web, consultant SEO mais surtout passionné de Culture avec un grand "C" : tout ce qui m'entoure ne doit pas être ignoré, je suis un vrai boulimique culturel. S'il fallait me décrire en 2 mots et demi, je dirais "passeur de savoir"...en toute modestie ! Merci de me suivre sur le chemin de la connaissance, vous verrez, c'est un puits sans fond :)

1件のコメント

Your email address will not be published.