馬とポニーの違いは?

1 分


2
2 ポイント
クレジット kingstonridingcentre.com

要約すると

ポニー
より強固な堅牢性が低い
不朽のものが少ないより永続的な
機敏性が低いより俊敏に
サイズ:高さ1.42m未満サイズ:高さ1.42m以上
長寿命(30年短命(20年
より多くのストックストックが少ない
太い髪の毛細い毛
垂涎のたてがみ滑らかなたてがみ
2倍の重量を牽引することができますその重量の半分を牽引することができます
より従順な気質より生き生きとした気質
クレジット youtube channel“今日、わかった”

私たちの多くが「ポニー」と聞くと、小さな馬を思い浮かべます。ポニーというと、まだ成熟していない若い馬のことを指すと思われがちですが、ポニーと馬は一頭の動物の中では二段階の発達段階ではありません。ポニーと馬は、一匹の動物の中で二段階の発達段階にあるわけではありません。馬とポニーの間には非常に明確な違いがありますが、人々が馬をただの大人のポニーだと考えるのは簡単に理解できます。彼らはどちらも同じ種のEquus ferusに属していますが、実際には家系図の同じ枝から来ています。それでも、馬とポニーは非常に異なっている、我々はこの記事で見ることができます。

大きさだけじゃない

庶民は馬とポニーの主な違いは大きさだと思っていますが、それは事実です… 部分的には。馬の大きさは時に特徴的な身体的特徴となることがありますが、必ずしもそうとは限りません。この単純な区別の基準に頼って馬かポニーかを判断することはできません。一方で、馬のアイデンティティーを独りよがりに決めることができる共通のルールがあります。

馬やポニーの地面から肩(首と背中の接合部にある体の部分)までの高さを「手」という単位で評価します。手」とは成人の手の大きさ、つまり10cmのことです。馬は、そのように識別されるためには、少なくとも14.2手を測定する必要があります。逆に、14.2手未満の馬はポニーです。簡単な計算の後、平均的な馬のメートル単位のサイズを考えてみましょう:14.2手-10センチ-1.42メートルの肩の部分。

“手 “でのサイズの目安 一般的には、身長が14.2手以上の馬であれば「馬」とされています。クレジット allpony.com

前項で述べたように、ルールを確認する例外はたくさんある。この一点だけの差別化の基準で止まるのは間違いである。例えば、馬とポニーの交配から生まれたミニチュア馬であるファラベラ馬のように、体高が7.5手を超えていないのに馬とされている品種があります。

小型の馬は古くからペットとして利用されてきました。早くも1700年代初頭には、イギリスや北欧の炭鉱から鉱石を運ぶカートを引くために小型の馬が使われていました。アメリカでも19世紀末には同じように使われていました。

体と抵抗:馬、軽斤量!?

ポニーのサイズをよく見てみると、馬と比べて大きな違いがあることに気づくでしょう。ポニーの方が一般的にがっしりしていて、足が短く、頭が大きく、額が広く、首のラインが短くて太いのです。太くて短いネックラインは、ポニーを前方に動かすことが難しくなりますが、荷物を牽引する際には効率的に動かすことができます。

市場の庭師であるエリックは、昔ながらの方法で動物の牽引力で土地を耕している。Credit Ouest-france.fr

ポニーは骨が太く、筋肉組織が発達しています。ポニーは馬よりも少ない食事とケアを必要とします。ポニーは、定義上、より頑丈で農作業に適しています。さらに、馬がその半分の重量しか牽引できないのに対し、ポニーはその重量の2倍の重量を牽引することができ、これは人の輸送には十分すぎるほどです(馬の平均重量:500kg)。

ポニーと馬を撫でたことがある人なら、毛並みや髪の毛の感触が違うことに気づいたことがあるかもしれません。馬の毛はなめらかで細いのに対し、ポニーは毛が太く、たてがみも同様に充実していて、冬の寒さに耐えられるようになっています。

このような身体的特徴が有利に働くため、ポニーは馬の寿命が20年である30歳に達することができます。

気質:子羊のように甘いポニー?

気質は時間の経過とともに変化し、それ自体ではなく、特定の状況に馬の適切性のための唯一の条件である場合でも(影響を受けることができるホルモンの状態、その歴史、その学習メカニズムです – 私はあなたが馬の気質に関するこの記事を読むことをお勧めします(フランス語で)、非常に興味深い)、馬と2つの動物の間の違いを構成するポニーで発見されている特定の定数があります。

熱血馬」や「冷血馬」を定義するフランス語の表現は、生物学的なものではなく、動物の体温とは何の関係もありません。馬の分野では、気性が強い、または穏やかな傾向を持つ気質を表すために使われます。これらの用語の起源は、動物の血液の「純度」が重要視され、体温血液による馬の分類が一般的であった18世紀末に早くも登場した。

熱血馬」の典型的な例であるアラビア馬 クレジット ウィキペディア

そのため、馬には “熱血種 “と “冷血種 “があり、特に種族や性格などで定義されています。”熱血種 “は鞍上やスポーツ動物として使用され、感情が爆発して活気があることで知られています。”冷血種 “は、”熱血種 “よりも気性が穏やかで、忍耐力があり、強靭な性格をしています。上で説明したように、通常は農作業に使われることが多く、例えば鋤や重い荷車を牽引するために使われます。また、ポニーには「熱血種」と「冷血種」があります。一般的に、ポニーは冷静さと機転の良さ(”冷血 “の特徴)で定義され、馬は敏捷性、活発さ、時には頑固さ(”熱血 “に特有の)で定義されます。例外はありますが、これらはすべての馬の種族を網羅し、各動物の生来の性格のみを考慮に入れて、時間的に安定した形質です。

ポニーは馬よりもおとなしく、親しみやすいので、子供たちの散歩には理想的なパートナーとなる。クレジットhemispherekids.com

犬種の名前はあなたを助けることができます:小さな効果的なトリック

いくつかの馬種は、自分がポニーの前にいるのか馬の前にいるのかを見分けることができます。 例: ランデス・ポニーは、体格が14.2手を超えていてもポニーです。クォーターホースは、逆に14.2手のマークを下回っていても馬です。

  • その他のポニーの品種の例。オーストラリアのポニー、ドイツのサドルポニー、フランスのサドルポニー…
高さ1.18メートルと1.48メートルの間を測定するランデーズポニー。Credit chevalannonce.com
  • その他の馬種の例。ペイントホース、ロッキームータンホース、フロリダクラッカーホース…
ベイドレスのクォーターホース クレジット ウィキペディア

“常軌を逸した馬

ここには、理解を超えた寿命や大きさの極端さの中にある「非日常」がある。ここでは、その遺伝的な能力が光る4つの「非日常」の勝者をご紹介します。

  • “オールド・ビリー”は、今では寿命の世界記録を保持しているこの働き馬に与えられた名前です。1760年にイングランド北西部で生まれ、1822年に62歳で亡くなった。
“オールドビリー “という世界最高齢の馬が62歳まで生きた。
  • “シュガーパフ”は、シェットランドとエクスムーアの交配から生まれたポニーで、”オールドビリー “ほどの長寿ではないでしょうが、2007年に56歳で亡くなっています。
“シュガーパフ “世界最高齢ポニーが56歳で死去。クレジット horseyhooves.com
  • “マンモス “は1848年に生まれた馬で、年齢の高さではなく、体格の高さで勝負してきました。成年時の肩の高さは21.2手(2.12m)、体重は1,497kg!
  • マンモス」が雲にぶつかると、「アインシュタイン」が地面を削る。2010年にアメリカで生まれた大人のミニチュア馬(この行を書いている時点ではまだ生きている)は、高さ35cm、重さ2.7kgを測定しています
“アインシュタイン “世界最小の馬、身長35センチ。クレジット lapinloo.com
アインシュタイン クレジット youtubeチャンネル“リアルワイルド”

情報源です。


Like it? Share with your friends!

2
2 ポイント

What's Your Reaction?

J'adore J'adore
0
J'adore
Je déteste Je déteste
0
Je déteste
C'est marrant C'est marrant
1
C'est marrant
Ca m'énerve Ca m'énerve
0
Ca m'énerve
C'est triste C'est triste
0
C'est triste
#Geeky #Geeky
0
#Geeky
#Fakenews #Fakenews
0
#Fakenews
Ca fait peur Ca fait peur
0
Ca fait peur
J'ai appris quelque chose J'ai appris quelque chose
0
J'ai appris quelque chose
Rien compris Rien compris
0
Rien compris
gino

Je m’appelle Gino, jeune trentenaire et vieux blogueur ! Touche à tout du web, consultant SEO mais surtout passionné de Culture avec un grand "C" : tout ce qui m'entoure ne doit pas être ignoré, je suis un vrai boulimique culturel. S'il fallait me décrire en 2 mots et demi, je dirais "passeur de savoir"...en toute modestie ! Merci de me suivre sur le chemin de la connaissance, vous verrez, c'est un puits sans fond :)

1件のコメント

Your email address will not be published.