鶏は歯を持ったことがありますか?

1 分


0

親愛なる友人たち、キジ目の歯の歴史を掘り下げる前に、あなたの夜を照らす非常に重要なポイントを明らかにしましょう。 あなたは何を知っていますか「卵歯」 ? ひよこのくちばしの上部に位置するこの石灰質の隆起は、「ダイヤモンド」とも呼ばれ、卵の殻を壊して卵がより簡単に出てくるようにするために使用されます。 はい、鶏には歯があり、ひよこがすぐにそれを失ったとしても、彼らの人生のある時点で。 この情報は、フランスの表現の首をひどくねじります「豚が飛ぶとき」 、不条理への言及、確かに決して起こらない状況への言及…そしてまだ!

ひよこのくちばしの先端に見える「卵歯」で、殻が割れやすくなっています。 pixabay.comクレジット

トピックに戻ります。 したがって、ひよこは出生後に失う歯を持っています。 しかし、なぜ鶏は大人として他の歯を持っていないのですか? また、元の質問に戻ると、過去に鶏が歯を持ったことはありますか? 答えは「はい」ですが、もっと正確に言うと、6600万年前のことです。 ある人によるとデレク・ラーソンによる研究、ロイヤルBC博物館の研究者および古生物学者、 2種の鳥が共存大きな恐竜が地球の表面から姿を消したとき:「くちばしを持った」ものと「歯を持った」ものは絶滅した竜脚類から起源を引き出しました。

物語の残りの部分、あなたはそれを知っています:最初の種が2番目の種に取って代わりました。 ザ・なぜ国際的な科学コミュニティ内でコンセンサスを達成していません。 デレク・ラーソンのような研究者は今日進歩しています3つの仮説、そのうちのいくつかは他のものよりもっともらしいです。 それらのそれぞれに光を当てる:

「歯のある鳥」の消失の原因となった種?

デレク・ラーソンの研究によって提唱された理由の1つはダイエット関連鳥の祖先。 6600万年前に地球上の動植物を破壊した隕石の落下中に、巨大な火が植生全体を包み込み、マニラプトリアの恐竜(鳥の大きさの小さな恐竜)から食物を奪い、急速に沈殿しました。彼らの絶滅。 一方、くちばしのマニラプトリアンは、地球から、まだ豊富に食料として入手できる唯一の食料である種子を抽出することができました。 この結論に到達するために、研究者は3,000本以上の化石の歯を集めましたマニラプトリアンのさまざまな家族が、1800万年以上にわたる彼らの進化を理解しています。

6人のマニラプトリアンのスケルトン|ウィキペディアコモンズクレジット

一方、恐竜に関する現在の知識は、この仮説を弱体化させますが、今日ではその可能性は低いままです。 一部の肉食恐竜は、鋭いくちばしの外観で実際に歯の喪失を経験しています。 また、当時は種を使った餌にとどまらなかった鳥の餌付けについても疑問に思うことがあります。 人が考えるかもしれないことに反して、鶏は雑食性であり、よく食べるためにタンパク質、ミネラル、微量元素を必要とします。 上のmagalli.frで見つかった興味深い読書チキンフードさらに進みたい場合。

重量は飛行士の敵です

雌鶏が足を地面に向けてつつくのに時間を費やしても、種の特異性は、捕食者からより簡単に逃げるために飛ぶことと光を飛ばすことです。 したがって、歯は食べ物にはあまり役立たず、面白くないか、無力化することは消える傾向があります。 よく知られているように、種は自然淘汰の法則によって定義されており、歯列の喪失もその1つです。

最初の仮説と同じように、これは、しゃれを私に渡した場合、翼の中にあります。 それは私たちの鳥の祖先の化石の発見と矛盾しており、その中で最もよく知られているのは始祖鳥羽と歯を持っていた人。

始祖鳥の例|クレジットMichelFontaine

卵の生存の可能性をスピードアップ

私たちの友人の歯の消失を説明するために研究者によって提唱された最後の仮説は、鳥が2018年にさかのぼります。 それはおそらく今日最ももっともらしいです。

私たちの現代の鳥の卵の孵化時間は、数日から数週間続きます。 6600万年前、産卵後3〜6か月待たなければならなかったのですが、新生児のくちばしの先端、永遠を見ることができました。 しかし、なぜ今と白亜紀の間にそのような違いがあるのでしょうか? 私たちの惑星の環境変化は、殻内の胚の発達時間を混乱させ、加速させましたか? 真実はかなり異なります。 当時、殻の中心部での歯の形成は、胚の発達時間の60%を要しました。 捕食者が卵を誘拐して食事にするのに十分な時間。

恐竜の胚の表現。 |クレジットD.MAZIERSKY

種の生存に有利な卵の孵化の加速の仮説は、それがすべての卵生に適用可能でなくても、可能性が高いままです。 たとえば、カメには歯がありませんが、潜伏期間が長くなります(平均50日以上)。

ソース:


Like it? Share with your friends!

0

What's Your Reaction?

J'adore J'adore
0
J'adore
Je déteste Je déteste
0
Je déteste
C'est marrant C'est marrant
0
C'est marrant
Ca m'énerve Ca m'énerve
0
Ca m'énerve
C'est triste C'est triste
0
C'est triste
#Geeky #Geeky
0
#Geeky
#Fakenews #Fakenews
0
#Fakenews
Ca fait peur Ca fait peur
0
Ca fait peur
J'ai appris quelque chose J'ai appris quelque chose
0
J'ai appris quelque chose
Rien compris Rien compris
0
Rien compris
gino

Je m’appelle Gino, jeune trentenaire et vieux blogueur ! Touche à tout du web, consultant SEO mais surtout passionné de Culture avec un grand "C" : tout ce qui m'entoure ne doit pas être ignoré, je suis un vrai boulimique culturel. S'il fallait me décrire en 2 mots et demi, je dirais "passeur de savoir"...en toute modestie ! Merci de me suivre sur le chemin de la connaissance, vous verrez, c'est un puits sans fond :)

1件のコメント

Your email address will not be published.