COVID 19ワクチン:どのような違いがありますか?

1 分


0

最後の接種を受けようと予防接種センターに殺到する世間では、市販されているワクチンの本当の違いに疑問を持つ人が増えています(ここではあえてワクチン不信の話題は避けておきます)。WHOによると、現在144種類のワクチンが臨床開発中、195種類のワクチンが前臨床開発中です。その中で、様々な段階の臨床試験を経て、市場に出ることができたものはほとんどない。

多くの人は、ワクチンはすべて同じ開発プロセスで作られていると考えています。しかし、ファイザー、モデナ、アストラゼネカ、シノバックの間で実際に違いがあり、その結果、COVID 19に対する防御力が比較的変化しています。 これを明確にするよう努めます。

メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン

COVID 19 mRNAワクチン発売:Pfizer BioNTech、Moderna(CureVacは2021年10月に販売中止となりました。)

研究者らは、メッセンジャーRNA システムを利用した新しいワクチン開発手法を開発しました。メッセンジャーRNAは、60年前にフランソワ・ジャコブとフランソワ・グロという二人のフランス人研究者によって発見されたもので、それ自体は新しいものではありません。ココリョ!

従来、ワクチンは、将来の被接種者に病気の弱体化したものを与えたり、病気のタンパク質の一部を与えたりして製造されてきた。しかし、ここでは、免疫システムが「おとり」のおかげでウイルスに対する抗体や記憶細胞を発達させて戦うのです。これを核酸ワクチン(一般にメッセンジャーRNAと呼ばれています)と呼びます。

核酸ワクチンは、非繁殖ウイルスベクターや不活化ウイルスワクチン(後述)とは異なり、弱毒化されたウイルスではなく、被接種者自身の細胞から作られるものです。

簡単に説明するために、メッセンジャーRNAワクチンの製造工程を紹介します(出典:フランス政府)。

クレジット gouvernment.fr
  1. ウイルスゲノムの塩基配列の決定(新種の存在を確認するために必須)。
  2. ウイルスのどの部分と戦うかを決定する。
  3. 病気の原因となっている部分COVID 19の場合はプロテインS )を分離し、この部分をコピーします(Messenger RNAと呼ばれます)。
  4. メッセンジャーRNAを体内に注入し、免疫系を教育する。
  5. 人間の細胞はそのSタンパク質を作ることになる。
  6. 免疫系が反応し、抗体が作られる。
  7. もし、ウイルスが体内に侵入しても、すぐに発見され、破壊されます。

メッセンジャーRNAワクチンとは、どのようなもので、どのような違いがあるのでしょうか?

クレジット Dado Ruvic / Reuters

現在、COVID 19に対するメッセンジャーRNAを用いたワクチンは、ファイザー/バイオテック社(米国/ドイツ )とModerna社の2社があります。その有効性は94〜95%と同じようですが、保管方法や接種対象年齢などに違いがあります。

ストレージ

モデナワクチンは、冷凍庫で-25℃~-15℃、冷蔵庫で2℃~8℃で30日間保存することができます。ファイザー社製ワクチンの保管方法は、より複雑なようです。未開封のバイアルは、冷凍庫で-60℃~-90℃、冷蔵庫で-20℃の温度で2週間保管が必要です。

対象年齢

ここでも、 2つのワクチンはターゲット層が異なります。ファイザーは12歳以上であれば投与可能ですが、モデナは30歳以上に限定されています。これは、30歳未満の人がメッセンジャーRNAワクチンを接種した場合、心筋炎や心膜炎を起こすリスクが「確認されているが稀である」ためです。その副作用はModernaの方が5倍も多く、30歳未満の若年層へのワクチン接種をPfizerに指示する保健当局の意向を説明するものです。

非反復ウイルスベクター」ワクチン

ウイルスベクターワクチンは、 アデノウイルス科のウイルスを弱毒化したものである。これらのウイルスは80種類あり、科学者にはよく知られており、複製することなく細胞に感染することができます。感染の危険性のない病原体としてのウイルスの痕跡を持ちません。このウイルスベクターの目的は、SARS-CoV-2が細胞に入り、本物のウイルスに対抗できるよう、SまたはSpikeタンパク質を認識するように体を訓練することである。このデリバリーウイルスは良性のもので、せいぜい風邪をひく程度であることに注意が必要です。

アデノウイルスはどのように選ばれているのですか?

アデノウイルスの選択は、ワクチンによって異なります。ヴァクセブリア社(旧アストラゼネカ・オックスフォード社)の場合、不思議なことに、アデノウイルスはチンパンジーに由来する(コロナウイルスに適応した)。ジョンソン・エンド・ジョンソンでは、あまり一般的でなく病原性が知られていないアデノ26(ヒトアデノウイルス)を使用し、ロシアのワクチン「スプートニク」ではアデノ5と26(これもヒトアデノウイルス)の株を使用しています。どのアデノウイルスを使うにしても、ワクチンの効果を最大限に発揮させるためには、ヒトが遭遇することがほとんどない安全なウイルスを選ぶことが鉄則です。

非反復ウイルスベクター」ワクチンとその主な違いについて教えてください。

クレジット Lepoint.fr

非反復ウイルスベクター」ワクチンには、Vaxzevria(イギリス)、Johnson & Johnson(アメリカ)、Sputnik V(ロシア)の3つがあります。

欧州連合における認可

本稿執筆時点で、フランスで「非反復ウイルスベクター」ワクチンとして認可されているのは、Vaxzevriaとジョンソン・エンド・ジョンソンのみである。欧州連合では、欧州医薬品庁の承認がないにもかかわらず、2カ国(ハンガリー、スロバキア)がスプートニクVの使用を認可しています。この延期には政治的な障害があるのでしょうか、それとも純粋に科学的な判断なのでしょうか?

保全

ファイザー社やモデルナ社と比較すると、Vaxzevriaは製造、輸送、保管が最も容易なワクチンであると言えます。実際、この点については、2〜8℃の温度であれば、簡易冷蔵庫で十分です。また、mRNAワクチンと比較して製造ラインがシンプルであるため、安価に製造することができます。1回あたりの価格は3ユーロですが、ファイザーやモデルナは最低でも15ユーロの初値をつけています。

有効性

ロシア保健省の疫学・微生物学研究機関であるガマレイアセンターは、スプートニクVのワクチンの発案者である。2022年1月には、オミクロンの変種に対する効果を調べるための実験室調査を実施した。スプートニク・ライト」のブースター投与は、mRNAワクチンと比較して、中和力の低下が3~7倍と、 他のワクチンよりも防御 力が高いことがわかりました。事実か虚構か?

クレジット passeportsante.net

2021年2月2日、権威ある科学雑誌『ランセット』は、すでにアストラゼネカとヤンセン/ジョンソン・エンド・ジョンソンに対して、第3相臨床試験のデータが他の2つの「非複製ウイルスベクター」ワクチンより優れているとし、スプートニクに良いマークを与えていた。

不活化ウイルスワクチン」「弱毒生ウイルスワクチン

これらのワクチンは、ポリオ、破傷風、ジフテリア、百日咳、インフルエンザ、A型肝炎、B型肝炎、MMR(麻疹、おたふく、風疹)、黄熱病、水痘、BCGなどの最も有名で致命的な病気に対して最もよく使用されているものです。

弱毒生ワクチンとは、その名の通り、一連の処理によって病原性を弱めた生きた感染性物質を含むワクチンである。迅速かつ持続的に、自然感染に近い免疫防御を 実現します。

不活化ワクチンは、弱毒生ワクチンとは異なり、物理化学的な処理によって死滅させた病原体を含むワクチンです。これらは全く無害ですが、免疫系の防御反応を引き起こします。十分な免疫力を得るためには、通常、数回の注射(初回注射とブースター)が必要です。


続きを読むワクチンのしく


COVID19に対する「不活化ウイルスワクチン」と「弱毒生ウイルスワクチン」とは?

クレジット Lillian SUWANRUMPHA / AFP

弱毒生ワクチンの場合、アメリカの研究所「Codagenix」が「Serum Institute of India」と共同開発した「 Covi-vac」というワクチンがあります。このワクチンは、現在、第1相臨床試験中です。

不活化ウイルスワクチンについては、中国に頼らざるを得ません。COVID-19に対するBIBPは シノファーム(国有企業)と中国国家薬業集団が開発したものである。シノバック-コロナバック」ワクチンは、国営製薬グループ「シノバック」が開発したものです。

ワクチンの効果は?

BIBPワクチンとシノバックスワクチンの予防効果は同一です。まだ正式に市場に出ていないCovi-vacについては割愛させていただきます。

WHOによると、シノバック・ワクチンは、数カ国で第3相試験を行った結果、BIBPワクチンと同様に2回接種で14日後からの症候性SARS-CoV-2感染に対して79%の有効性が確認されました。また、入院に対するワクチンの有効性は79%であった。また、「リスクのある」人(妊婦、60歳以上、合併症のある人)の重症化予防に関する十分なデータは見つかりませんでした。特に、これらの人々は最も危険にさらされている人々であるため、これは残念なことです。

2021年4月、中国疾病予防センター(C.C.D.C.)のディレクターは、中国の2つのワクチンは、特にメッセンジャーRNAワクチン(その効果は94~95%とされている)と比べて「非常に高い防御率」ではなかったと述べています。

このワクチンは誰が使うのですか?

WHOによると、中国の2種類のワクチンは「保管が容易で、(中略)管理がしやすく、特に資源が限られている国に適している」そうです。

シノバックワクチンは、チュニジア、チリ、ブラジル、インドネシア、メキシコ、タイなど22の国・地域で使用されています。これらは、主に発展途上国や新興国です。一方、BBIPワクチンは、中国(当然)、ペルー、モロッコ、エジプト、アラブ首長国連邦で認可されています。

ソース


Like it? Share with your friends!

0

What's Your Reaction?

J'adore J'adore
0
J'adore
Je déteste Je déteste
0
Je déteste
C'est marrant C'est marrant
0
C'est marrant
Ca m'énerve Ca m'énerve
0
Ca m'énerve
C'est triste C'est triste
0
C'est triste
#Geeky #Geeky
0
#Geeky
#Fakenews #Fakenews
0
#Fakenews
Ca fait peur Ca fait peur
0
Ca fait peur
J'ai appris quelque chose J'ai appris quelque chose
0
J'ai appris quelque chose
Rien compris Rien compris
0
Rien compris
gino

Je m’appelle Gino, jeune trentenaire et vieux blogueur ! Touche à tout du web, consultant SEO mais surtout passionné de Culture avec un grand "C" : tout ce qui m'entoure ne doit pas être ignoré, je suis un vrai boulimique culturel. S'il fallait me décrire en 2 mots et demi, je dirais "passeur de savoir"...en toute modestie ! Merci de me suivre sur le chemin de la connaissance, vous verrez, c'est un puits sans fond :)

1件のコメント

Your email address will not be published.