S95、S98、S95-E10、違いは何ですか?

1 分


0

短い答え:95と98は、無鉛種に見られるオクタン価指数を指します。 無鉛95とは異なり、無鉛98は加速などの特定の状況での駆動を改善する。

レコードの場合.

今日、ヨーロッパの基準ガソリン、無鉛燃料95(ユーロスーパーとも呼ばれる)は、1990年代初頭に市場に登場しました。 フランスでは、2009年まで、sp98とSP95は、2000年から流通するすべての車両と互換性のある「いわゆるヨーロッパガソリン」SP95-10の出現前に市場に出回っていた唯一のものでした。 米国では、オクタン価指数は若干異なります(87から93のインデックス)が、以下に説明する原理は変わりません。

2014年に適用された新しいヨーロッパの燃料命名規則

S95、S95-E10、S98、何を選ぶか?

SP95でもSP98でも、1990年7月以降に流通する車両は、この2種類のガソリンと同じ意味で走行できます。 導入で説明したように、目に見える違いは図にあります。 95および98は、オクタン価を表す。 この指数は、ガソリンエンジンの自己点火抵抗を評価します。 インデックスが高いほど、その強度が高くなり、燃焼が制御され、エンジン、特にバルブとインジェクターの性能と寿命を保護します。

古い車のコレクターは、低オクタン価で彼のエンジンを損傷する危険を冒さないように、SP98で彼のタンクを埋めることを選択することができます。 しかし、ガタガタセンサーを搭載した現代の車両は、エンジンをより低いオクタン価に適応させるリスクはなく、逆に、より高いインデックスでより良い性能の恩恵を受けるリスクはありません。

タンク内のガソリンのオクタン価に応じてエンジン動作を調整するために、すべての新しい車にインストールされたセンサーをクリックします

あなたの最も興味深いのは、ガソリンスタンドのポンプに表示される2オクタンインデックスのタイパロジーに気づいたでしょう:RON(研究オクタン価)とMON(モータオクタン価)。 1つ目は、低速での燃料の挙動を示し、加速中は2つ目は高速および高負荷燃料の挙動を示します。 2つの無鉛種の95と98を指すRONの類型である。

ポンプで示されるRONおよびMONオクタン価指数

SP95またはSP98の場合、これら2つの燃料は毒性の高い溶媒で作られているため、洗浄液や脱脂溶液として使用しないでください。 また、臭いが時々酔っ払う場合でも、そこから逃げるガスを呼吸しないように注意してください。 SP98は、特にゴム部品に対して、SP95よりも洗剤と腐食性が高いようです。 2009年にフランスでリリースされ、ヨーロッパで2011年にリリースされたSP95 SP95-E10(一般的にポンプ上のE10)の改良版は、最大10個のエタノール、ビートルートまたは小麦(E10 – エタノール10)から作られた野菜アルコールが含まれているため、より環境に優しいようです。 この記録では、SP95/98にはエタノールも含まれていますが、最大5個までです。 前述のように、2000年以降に流通させた車両のみがE10で走行できます。

3つの燃料から選択する必要がある場合は、ガスハッチを見て、メーカーのマニュアルをチェックするか、単にあなたのメカニックにアドバイスを求めるのが最善です。 あなたがガスを使い果たし、利用可能な唯一の燃料がメーカーが推奨する燃料ではない状況に自分自身を見つけた場合は、いつでもボトルを持参することができますオクタン価を増加させ、注入器の洗浄剤として機能するオクタン価のブースター, 全体の注入システムを潤滑しながら、.

ChrisfixのYouTubeチャンネルの十分に文書化され、よく構築されたビデオ

ソース:


Like it? Share with your friends!

0

What's Your Reaction?

J'adore J'adore
0
J'adore
Je déteste Je déteste
0
Je déteste
C'est marrant C'est marrant
0
C'est marrant
Ca m'énerve Ca m'énerve
0
Ca m'énerve
C'est triste C'est triste
0
C'est triste
#Geeky #Geeky
0
#Geeky
#Fakenews #Fakenews
0
#Fakenews
Ca fait peur Ca fait peur
0
Ca fait peur
J'ai appris quelque chose J'ai appris quelque chose
0
J'ai appris quelque chose
Rien compris Rien compris
0
Rien compris
gino

Je m’appelle Gino, jeune trentenaire et vieux blogueur ! Touche à tout du web, consultant SEO mais surtout passionné de Culture avec un grand "C" : tout ce qui m'entoure ne doit pas être ignoré, je suis un vrai boulimique culturel. S'il fallait me décrire en 2 mots et demi, je dirais "passeur de savoir"...en toute modestie ! Merci de me suivre sur le chemin de la connaissance, vous verrez, c'est un puits sans fond :)

1件のコメント

Your email address will not be published.